2012年10月13日

南アフリカ ストライキ一服か?

為替相場の中期トレンド判断で参考になるのが週足チャートだ。
今週は週末12日のNY終値で固まってくる。

南アフリカ・ランド/円の週足では13週移動平均線9.4470円前後(12日東京市場時点、以下同)、一目均衡表の転換線9.2034円前後を完全に下抜けている。
下抜けが定着している限りは、ランド安トレンドが継続。13週線や転換線が上値抵抗線として意識され、両ラインなどを上値メドとしたランドの戻り売りと、下攻めリスクが意識される。

一方で13週線や転換線からの下方乖離が続いている。ややランド安に過熱感も見られており、来週以降は売られ過ぎ修正による13週線や転換線の方向への自律反発も焦点になっている。

<12日東京市場時点での週足テクニカル・ポイント>
9.78円前後=52週移動平均線
9.60円前後=一目均衡表の基準線
9.58円前後=26週移動平均線
9.44円前後=13週移動平均線
9.32円前後=9月以降の高値から直近安値の61.8%戻し
9.20円前後=一目均衡表の転換線
9.12円前後=10月12日週の高値

9.05円前後=6月8日週の安値
8.98円前後=昨年11月25日週の安値
8.93円前後=6月1日週の安値
8.85円前後=2009年2月13日週の安値
8.69円前後=10月12日週の安値
8.46円前後=2009年1月23日週の安値
8.00円前後=心理的な節目
タグ:南アフリカ
posted by スワップ財閥 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59159706

この記事へのトラックバック